FC2ブログ
最近のアニメは、あからさまなネタや(ハヤテとか)、えろシーンや(エル・カザドの変態とか)、ぐろシーン(ひぐらしとか)があったり自由になったなぁと思いましたw
それは「多少問題があっても視聴者が喜ぶからOK」って理由があるんじゃないかな~と考えてみます。


真下耕一監督のアニメが好きなんですが、昔と今の作品を比べて思ったこと。

昔の作品は、ポポロなら放送時間が朝6:30~で子供向けなのに話の内容が難しい、NOIRなら主要キャラ以外が殆ど死んだりやたら暗い。
人によっては受け入れてもらえなさそうな所があります。

最近の作品は、.hack//Rootsなら狙ってる…って決め付けるとよくないけどそう感じてしまうし、エル・カザドなら絵柄が今までの真下オリジナルと違う。
.hack//シリーズ、私は昔の方が好きだったなぁ。
SIGNは心理描写や話の構成が良いし、アニメオタクじゃなくても、映画好きな人とかが見ても楽しめると思うけどRootsはどうだろう。
エル・カザドは見たらはまったけど…っ

…視聴者が喜ばないからNGなことも多くなったんじゃないかな~と思ったことが言いたかったんですが話が繋がらないっ
なんか、自由になっていく部分と不自由になっていく部分があるのかな?と。
自分らしさも人に理解される範囲で出すのが仕事には必要かもしれないけど、私はもっと個性を見てみたいんです!

20:43未分類コメント(0)

Next |  Back

comments

コメントの投稿
※httpは禁止ワードなので、urlはttp~の形で記述してください。











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL