FC2ブログ

○人生(仮
2009'04.01

人生ってなんだろうね、と友達がつぶやいていたので考えてみる。


じゃあ、人生を変えるものってなにか?
遭遇する出来事、感情、記憶。ぱっと思いついたのはこの3つ。
まとめると、自分の人生は、遭遇する出来事にどういう感情(印象)を持ち記憶に残すか、で変化する気がする。

知ること。
他人の出来事や感情や記憶はほとんど知ることができないから、他人の人生を知ることは難しい。

ていうか、他人を知ることは難しい!電車で偶然一緒になった人でも友達でも家族でも、私はその人の全部を見て感じて知ることはできない。一部しか知らない。
でも私は、人は、他人の一部を見てその人がどういう人が瞬時に判断して、大抵その判断に自信を持つ。多分それは、「自分にどんな影響をあたえる相手か」を自分のために判断しているのであって、その人を理解したわけではない。
この自分のための瞬間的な判断を、他人を理解したことと勘違いすることが人を決め付けるということだと思う。
もっとよく知りたい相手であるなら、その人と長く関わりたいのなら、その人がどういう人であるか決めつけないほうがいい。とくに悪く決め付けることはよくない。
なぜ悪いのがよくないかというと、"否定的"だから。否定することは知ることを妨害するから。

話が脱線w

休憩。
あと思ったことメモ。
・人の人生をまとめた書籍や映画があること。人生の大半を占めるものとか。
・自分のことの場合は、どんなに色々忘れていたって今ある記憶が自分の全てだ。
でも人は記憶を思い出すことがある。今までの出来事の半分を忘れていた人が、ある瞬間それを全部思い出したら、それは人生が変わったといえるのか?
・うわさが嫌い
・人生最後に残るのは思い出!とある人は言った。

00:30未分類コメント(0)

Next |  Back

comments

コメントの投稿
※httpは禁止ワードなので、urlはttp~の形で記述してください。











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL